敷地模型
長野県安曇野市 M家主屋新築工事


e0115500_16512625.jpg
基本設計は、クライアントの要望を伺い
建物が建つ敷地を読み解くことから
始まります。

現場には勿論足しげく伺いますが
更に理解していく上で役に立つのが
敷地模型。

とは言え、このダンボール紙だけでは
なんだか判らないので
同じ縮尺の車や人の模型を
置いてみたり、
現状に習い木を植えたり抜いたり、
太陽の代りにライトをかざしてみたり、
人の目線で覗き込んだりします。

そうすると、
一番しっくりくる建物の配置が
だんだんみえてくるのですょ。
[PR]
by i-zuan | 2013-02-07 16:55 | 2012-M家主屋新築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuan.exblog.jp/tb/19756378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 揚げたてドーナツ 肉のマルトの包装紙 >>