佐倉―武家町―

e0115500_12432745.jpg
佐倉に滞在しているときに、ときどき立ち寄る武家屋敷
ここは、佐倉城下にあった屋敷群を一部移築などして
復元した通りです。
最も特徴的なのは、高さ約1.5メートルの土塁と、
その上の生垣が、通りに長く続いていること。
板塀や石垣とは違う、のどかな印象を与えます。






e0115500_12505940.jpg
旧但馬家の式台玄関は、奥の窓がピクチャーウィンドーになって
なかなか洒落てます。
手の届くくらい低い平屋の質素な茅葺き屋根が、
いい色になっていました。
外観に自然素材をそのまま使うことは、それだけ景色に
溶け込みやすいことなのでしょう。
こういう家を見てていつも思うのですが、
いい建物や設計とは、とどの詰まりは気に障らないことでは、と・・・。

裏庭は、小さな畑になっており、武士とは言え、
つつましやかな生活をしていたようです。
[PR]
by i-zuan | 2007-10-06 13:24 | 町並み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuan.exblog.jp/tb/6579053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 発光する現場 file.-008 (阿佐ヶ谷住宅) >>