カテゴリ:2008-M家主屋再生( 13 )
入賞通知


e0115500_15441495.jpg
   昨年提出したインテリアデザインコンペの
   結果通知が届きまして
   特別奨励賞 を頂戴しました。

   インテリア産業協会が主催しているもので
   完成現場のプレゼンテーション部門と
   アイディアを競う提案部門とあり
   今回両方に応募しました。
   が、どちらが入選したのかが書いておらず
   授賞式までお楽しみです。
   
   う~ん、どちらも自信作だったのだが・・・。
[PR]
by i-zuan | 2011-01-04 15:51 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
一年点検
長野県松本市 M 家主屋再生工事


e0115500_2363563.jpg
一昨年に完成した松本の現場へ一年点検に伺いました。

築100年の古い民家を再生したこの現場は
述べ床100坪の、住宅にしては規模の大きいものでした。

点検は、お施主さんが普段“ここ具合いよくないなぁ・・・”と
思っていてもついついそのままにしているところをお聞きし、
手直しできる範囲で補修していきます。

携わった建物を見にいった帰り道は必ず、
“あぁ、あそこはああすればよかったのかなぁ・・・?”と、
設計はとっくに終わった今でも悩みながら帰るのです。
[PR]
by i-zuan | 2010-01-28 23:08 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(3)
表札
長野県松本市 M 家主屋再生工事 


e0115500_2283351.jpg
     竣工を機に表札を掛け換えることに。

     厚意にさせて頂いている木工職人さんに
     手鉋で丁寧に削っていただきました。
     (彼の話はまた今度・・・)

     右が黄桜、左が欅。
     木によって木目の表情はまったく違います。
     新しい表札、再生されたこの家の歴史と共に
     歩んでいってほしいです。
[PR]
by i-zuan | 2008-12-22 22:10 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
竣工
長野県松本市 M 家主屋再生工事 


e0115500_2039737.jpg
先日の大安日、M家主屋再生工事が無事竣工しました。
工事期間の約9ヶ月、山あり谷ありでしたが
ようやくかたちになりました。
右写真は、2世帯をつなぐ吹抜けのある階段室。
古い柱や梁を活かし、建具も調整して再利用しました。


12月中に記録をまとめてホームページ内で
ご紹介させていただきます。
[PR]
by i-zuan | 2008-11-30 20:40 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
ニッチ
長野県松本市 M 家主屋再生工事   


e0115500_1724024.jpg
2階の寝室へと続く廊下に
小さな横長のニッチをつくりました。
ニッチとは、壁を凹状にくりぬいた飾り棚で、
壁に厚みのあるヨーロッパの建物に
よくみられます。
今回は、裏が収納室で深さが確保できましたので
実現しました。

ダウンライトが灯る頃、お気に入りの小物や
絵本を飾って楽しんで頂きたいです。




ホームページ内「11月のアトリエ」更新しました。
[PR]
by i-zuan | 2008-11-18 17:13 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(2)
三和土
長野県松本市 M 家主屋再生工事    


e0115500_17403747.jpg
  玄関土間は、昔ながらの三和土(タタキ)。
  工事する以前も三和土でしたが、
  土間を残して建物をジャッキアップした関係上、
  その上に打ち増しすることになりました。

  今回施工してくださった左官屋さんは初めてということで
  おっかなびっくり、でも上々の仕上がりです。

  三和土は使い込んでいくと益々風合いがよくなっていきます。
  M さん一家のお人柄のように、
  お客様をあたたかくお迎えする場所になってくれるといいなぁ・・・。
[PR]
by i-zuan | 2008-11-04 17:42 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
2階厨房
長野県松本市 M 家主屋再生工事    


e0115500_11142753.jpg
木工事も終盤、家具の組立てに入りました。

写真は、若夫婦のための2階厨房。
コの字カウンター天板はタモの無垢材で仕上げてあります。
塗装も古材の部分とは分けて、無色とし、
木目をしっかり見せるようにしました。
壁は真っ白のモザイクタイル。

ここで、いろんな調理が繰り広げられ、
家族の胃袋を満たしていくことでしょう・・・。
[PR]
by i-zuan | 2008-10-24 11:27 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
土壁
長野県松本市 M 家主屋再生工事    


e0115500_12342045.jpg  
新しい間仕切り以外は、古い土壁を極力生かす様、
工事を進めています。(新建材は出来るだけ・・・ねぇ)

ここは2階にある若夫婦の食事室になる予定です。
壁に貼られていた新聞紙は明治13年のものですから
この家の歴史が伺い知れます。
(このままでも茶室のようで寂びが出てていいなぁと
密かに思っていました、あはは・・・)
2階は1階と雰囲気を変え、天井も明るく。

いつもの通り、同じ仕様で計画することは、
間違いが少なく安全なことですが、
お施主さんに新しい提案をさせて頂ける機会を得るのも
設計監理の楽しみのひとつのように思います。
[PR]
by i-zuan | 2008-07-31 12:38 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
上棟
長野県松本市 M 家主屋再生工事    
 
e0115500_21585014.jpg
先週末、Mさん宅再生工事の上棟式が行われました。

上棟といっても、上屋(2階の屋根)はそのままですから
新築工事のように、クレーン車が来たり、
お餅を撒いたりはしませんでしたが、
お施主さまのご好意で、お昼におご馳走を頂戴しました。

新しく屋根を掛ける下屋部分に
新しい土台、柱、梁が入り、ホッとひと安心。
外郭がわかるようになってきました。
[PR]
by i-zuan | 2008-06-10 21:59 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
揚舞工事
 長野県松本市 M 家主屋再生工事    
 

e0115500_21282946.jpg
材木の最古部分のみを残すように解体を終え、
残った骨組みの揚舞(じょうまい)が行われました。

長い年月の間に、沈んでしまった部分にジャッキを架け、
ゆっくりゆっくり持ち上げていきます。
いちばん沈んでいるところで、2寸(6センチ)。

先ずは無事持ち上がって、よかったよっかった。
[PR]
by i-zuan | 2008-04-14 21:28 | 2008-M家主屋再生 | Trackback | Comments(0)