カテゴリ:2009-図案室再生1期( 20 )
小屋組


e0115500_12594887.jpg
先週は泊まりの来客があり
私は2階で寝起きしておりました。

朝、起きると先ず目に入るのが
屋根を支える剥き出しの小屋組。
舟の底のような天井を見上げながら
“きれいだなぁ・・・”と
毎朝眺めていました。
それから、どんな照明器具が
似合うかなんて考えながら
起きます。

設計では床・壁ばかりに
気を取られがちですが
天井の仕上げをどうするかで
寝起きの気分を大きく左右する・・・
かもしれません。
[PR]
by i-zuan | 2011-06-26 13:07 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(2)
別冊天然生活 「暮らしのまんなか」からはじめるインテリア VOL.13


e0115500_10122928.jpg
別冊天然生活
「暮らしのまんなか」からはじめるインテリア VOL.13
穂高のアトリエが掲載されています。

4ページの主はアトリエでの生活ぶりと、うちの現場監督
(私は刺身のツマくらいです)

昨年この廃屋を借り受けることになり
職人さんやまわりの皆さんに協力頂きながら
息を吹きかえらせることができました。
   
建物にも感謝の気持ちをこめまして。

お手にとってみてください。
[PR]
by i-zuan | 2010-06-18 11:05 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(4)
未完の玄関
 

e0115500_181659100.jpg
   昨年の工事で未完に終わった玄関。

   掃き掃除は済ませたものの、
   まだ荷物が山積みで、どうみても納屋。

   今日遊びにみえた友人から
   “ここを改修して月イチカフェしたら?”と。

   そうだよね、それは楽しそうだよね
   ギャラリーになったり教室になったりして。

   すぐに工事は無理だけど、暖かくなってきたし
   荷物を全部片付けましょうか・・・。
[PR]
by i-zuan | 2010-02-28 18:26 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(2)
スライド板戸


e0115500_1681867.jpg
     現在、まだ物置状態の我が家の2階はとても寒く
     冬の間は上下階を仕切る建具で封鎖しています。
     (写真は建具を開けて上からみたところです)

     建具は垂直に立てて、それを横に引いたり
     開いたりするのが一般的に思われていますが
     床にレールを敷き、伏せた建具をスライドさせる方法も
     昔からなされていました。

     高気密住宅とは程遠い我が家、
     暖気の上昇を抑え、少しでも効率をよくしています。

     問題は、2階に荷物を取りに行くとき
     閉めたことを忘れて、頭を強打してしまうことかな・・・。
[PR]
by i-zuan | 2010-01-05 16:13 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(2)
壁塗り


e0115500_15533350.jpg
    年内に仕上たいと思いつつ
    後回しにしていた座敷の壁塗りが
    ようやく終わりました。

    今回使った壁塗材は田中石灰
    タナクリーム1日仕上げ

    この2坪分の大きな壁をムラなく塗るには
    一気にやるしかない!と、わかっていても
    なかなかどうして・・・。
    3時間、無心で白い壁を見つめ続けて
    終わる頃には目がジンジンで参りました。

    ここでは、みんなが好きな映画やスライドを
    持ち寄って上映会をする、そうです。
[PR]
by i-zuan | 2009-12-11 15:59 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(0)
看板


e0115500_11395419.jpgアトリエの前の道を通る方たちの間で
うちのことが噂になっている、と小耳にはさみました。
どうやら皆さん建物が気になっているようです。

そうですよねぇ・・・
ちょっと前までは小汚い納屋に
ひとが住み始めたのですから。
工事中も下校途中の小学生が私に教えてくれました、
“ここ、お化け屋敷だょ”って(笑)。

お化けは出てこないけど、何をしているのか
わかるように看板くらい付けることにしました。
(でも、ちょっと小さ過ぎかなぁ・・・)
[PR]
by i-zuan | 2009-10-28 21:18 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(0)
浴室


e0115500_1822676.jpg
  新アトリエにはお風呂あります!

  採用しましたのはJ-Standardのハーフユニットバス。
  以前、鳩ヶ谷の家で使わせて頂いたものと同じです。

  今回は壁と天井に杉板を使ってみました。
  一般的に、浴室など水がかかる部分では
  耐水性に強い檜やヒバを使っていますが
  杉でどれくらい長持ちするかを自宅で実験です。

  使っている杉板は、床板で取り寄せた安価な縁甲板の、
  節のないところを集めて作ったものです。
  価格の面でも実験中です・・・。
[PR]
by i-zuan | 2009-09-30 18:24 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(2)
厨房


e0115500_922321.jpg
厨房は2ヵ所のカウンターに分けています。

天板・側板は、幅150㎜の杉板をサブロク板に
剥ぎ合わせた建材 トライウッドパネルを試して
みることにしました。
節も大きく反りもありましたが、一般的な
集成材にはない木の素朴な質感がだせました。

壁は、杉の目板張り。
タイル・ビニールクロス・ステンレスを使わずに
古典的な意匠で納めました。

台所は作業場なのでどうしても汚れるところ。
でも毎日の拭き掃除やときどきのオイル拭きで
木部に経年の深みが出ることを期待しています。
[PR]
by i-zuan | 2009-08-23 09:41 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(2)
和式便所


e0115500_1233114.jpg
   便所は和式です。
   ショールームに行っても・・・見かけないです。
   以前のアトリエは外便所でしたので
   それに比べれば、格段に便利になりました。

   便器は前からここにあったものを取り外し、
   一週間磨き続けてツルピカに復活させました。
   腰板は古い荒床を削り直したもの。
   建具も古いのを洗って嵌め直しました。

   使えるものは出来るだけ再利用しなきゃね。
   (本当は予算がないだけです、あはは・・・)
[PR]
by i-zuan | 2009-08-01 16:57 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(4)
1期工事終了

e0115500_10345819.jpg
今回予定していました工事がほぼ終了しました。
1階の過半を修繕したことになります。
残りの部分は、また来年以降・・・かな。

この工事に携わってくださいました業者の皆さん、
引越しや施工に協力してくださった皆さん、
応援してくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

みんながついついフラ~っと立寄りたくなる場所に
育てていきたいと思っています。
これからも末永く宜しくお願いします。

それから住所が変更となりましたので
ご連絡させていただきます。


〒399-8301
長野県 安曇野市 穂高有明 6383-2
tel&fax 0263-83-6139

[PR]
by i-zuan | 2009-07-31 10:41 | 2009-図案室再生1期 | Trackback | Comments(5)