カテゴリ:雑記帳( 90 )
KURA-no.073-


e0115500_14184655.jpg
今月号の雑誌「KURA」に、岐阜県中津川宿の
はざま酒造が掲載されています。
こちらは、以前勤めておりました設計事務所在職中
担当させて頂いた造り酒屋さんです。

特集内容は”裏木曽街道をゆく”。
確かに、馬籠、妻籠に比べますと中津川宿は知名度に
劣るかもしれません。
しかし、観光客の少ないところほど、いい建物や昔の営みが
残っていて、ホッとするよな気がします。
[PR]
by i-zuan | 2007-12-11 14:26 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
ル・コルビュジェ展


e0115500_1739178.jpg
    昨夜は東京 六本木の森美術館で開催中の
    ル・コルビュジェ展に行ってまいりました。
    いつも愛聴していますFMラジオJ-WAVE主催の
    美術鑑賞イベント「Art Picnic Vol. 13」に当選し、
    参加させていただきました。
    当日は、休館日の館内を貸切り、10数名の当選者と
    スタッフ、それから番組MCのクリス智子さんと共に
    館長さんの解説を伺いながら、夜の美術鑑賞。
    コルビュジェ先生に扮したお兄さんも現れ、
    楽しいひとときでした。

    コルビュジェ先生の展示と同じくらい楽しみでしたのは、
    MCのクリス智子さん。
    10年来、ラジオからのお声を耳にしていたその方のお人柄は、
    思っていた通りで決して裏切られることはありませんでした。




声色は声だけで決まるものではありません。
ただ与えられた文章を読むだけならともかく、
台本なしで話を進めるのですから、その人のひととなりや、
機転の利き方が、言葉の端々に出てしまうでしょう。
高すぎず低すぎず、喋り過ぎず、テンポよく、
その日の気分があっても前向きに、そして空気を読んで・・・。
う~む、見習いたいものです。
[PR]
by i-zuan | 2007-08-29 17:39 | 雑記帳 | Trackback | Comments(2)
山口出張


e0115500_19462586.jpg
実測業務にて22.23日と山口県に伺いました。

穂高から始発の電車に乗り、
お昼には新山口駅に到着しました。

1日目は宇部にある宗隣禅寺へ・・・。
こちらは以前調査で伺ったことがあり、
ご挨拶をかねて立ち寄りました。
寺の北側にある庭は国指定名勝で池泉観賞式(右写真)。
いい庭は、縁側に腰掛け、いつまでも眺めていたい・・・が、
そうもいかず次の現場へ。

2日目、徳山の、とあるお寺へ・・・今回の本題はこちら。
本堂の内部を実測・調査させていただきました。
ここにも整備された庭がありました。

いつもレベルの高いものに接していればそれが基準となる。
その逆も然り・・・。
海外でも国内でも、出先ではそれを痛感することが多く、
また”やる気”が息を吹き返します。
[PR]
by i-zuan | 2007-08-27 19:39 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
おたまじゃくし


e0115500_14345682.jpg
田んぼに水が入ってひと月。
気が付くとおたまじゃくしの大群が・・・!

この波紋を見てビブラホーンの音色を
想像してしまうのは私だけ・・・?

夜の大合唱とは打って変わって、
昼間は音無くトーン記号が動き回っています~
[PR]
by i-zuan | 2007-06-05 14:42 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
民家再生の実践

e0115500_21161940.jpg
以前勤めていました設計事務所から書籍が届きました。
今年新しく出版された本に、在職中担当させて頂いた物件が
掲載されたおり、一冊私にも頂ける、とのことでした。

私が担当しましたのは、長野県安曇野市にあります
お寺の本堂と庫裏の再生工事。
(所見の最終構成に立ち会えませんでしたから、少々誤字が・・・)

書籍の内容は、26件の民家再生事例を取り上げ、工事までの経緯、
それぞれの特殊性、途中の苦労話、お施主さんの忌憚ない感想などを
まとめたものです。
住宅だけではなく、公共施設、文化財などさまざまな取り組を綴っており、
一般の方にもわかり易く説明されています。
また、実際に体感できる旅館や店舗も掲載されておりますので、
旅のお供にもお勧めです。
[PR]
by i-zuan | 2007-04-02 21:41 | 雑記帳 | Trackback | Comments(2)
アメディオ

e0115500_18555266.jpg
あまりテレビは見ませんが、昨晩はアニメ映画監督の
宮崎駿さんが出演されていましたので拝見しました。

番組内容は、新作映画の構想から、生みの苦しみを追ったもので
それはまぁ、ともかく・・・でした。

思い返せば、幼い頃からこの方のアニメに随分と
慣れ親しんできたものです。
アルプスの少女ハィジ”、”未来少年コナン”に始まり、
最近では”千と千尋の神隠し”等々・・・。

写真は名作”母をたずねて三千里”の主人公マルコ=ロッシと
一緒に三千里の旅をする破目になったおサルのアメディオ





設計に携わり始めてから、宮崎アニメは違う角度でよく観るようになりました。

それは出てくる建物の様子

天空の城ラピュタ”では主人公パズーの山小屋。
”魔女の宅急便”では主人公キキの居候するパン屋の納屋。
となりのトトロ”ではメイとさつきの家。
紅の豚”では飛行艇を修理するドッグと、設計士フィオの製図アトリエ(ドラフターも木製!)。
ハウルの動く城”では主人公ソフィーの裁縫作業場。

モノを作る場所、暮らす場所が実に生き生きと描かれてます。
あぁ・・・こんな作業場や小屋を設計してみたい!(というか私が使いたい・・・)
なんて思いながら日々じっくり考察。

ここにも私にとっての”設計の素”は隠れているのです。
[PR]
by i-zuan | 2007-03-28 20:10 | 雑記帳 | Trackback | Comments(2)
チェブラシカ


e0115500_1205345.jpg
お施主さんのT さんの奥さんがお打ち合わせのとき、
このおサルのプリントされたTシャツを着てこられました。
殆んどひと目惚れ(おサルに・・・ですからご安心を)でした。

皆さん、このおサルさんをご存知ですか?
お名前は”チェブラシカ

T さんご自宅にも居ました!!
生まれも育ちもロシアです。
左の大きい方はお腹を押すと歌いだす!
「キミは男の子?女の子?」
「▽〇#★апЭ¢ЮёдЯ~」
「キミたち兄弟?」
「▽〇#★апЭ¢ЮёдЯ~」
「・・・・」
ロシア語ですので解読不能、残念・・・。

いつか、ロシアに会いに行きたいなぁ・・・
そうだ!そのときは長年の夢であったシベリア鉄道にも乗ろう!!
もちろん心のBGMは大滝詠一の「さらばシベリア鉄道」でね!
[PR]
by i-zuan | 2007-03-12 12:15 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
蕗のとう


e0115500_22465957.jpg
裏の畑で蕗のとうを見つけました。
この淡い黄緑色は落ち葉の冬でもなく、桜咲く春でもなく、
早春の色とでも言いましょうか・・・。
華やかではありませんが、やわらかな葉、しっかりしたトウ。

今年も芽吹きの季節です。
[PR]
by i-zuan | 2007-02-24 22:51 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
節分


e0115500_19251249.jpg
今日は、節分でしたので、お夕飯はマメ御飯。

鍋に、水と白米ともち米を少々、それからエンドウ豆!
我が家の土鍋は、5年ほど使いこんでいますので、
水加減も安定しています。
電気ジャーと違い、シュポシュポと音を立てて
頑張って炊いてくれます。
赤子泣いても・・・ではありませんが、開けたい気持ちを
グッと堪えて10数分。(意外と簡単です。が、露が飛ぶ!)

炊き上がるころには、みどりが鮮やかになり、
青い香りが漂います。

おかずは、鰯のフライと、里芋・帆立の煮っ転がし。
おこげも美味しくいただきました。
[PR]
by i-zuan | 2007-02-03 19:55 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
ランチョンマットとコースター


e0115500_1172889.jpg
時々、東京 日暮里にあります布生地問屋街に足を運びます。
柄、素材、それから価格を吟味して数時間の品定め・・・・。
大抵はフトコロが寂しいので、1m巾の生地を1mだけ買って、
いそいそ(内心ウキウキ!)帰ってきます。

1m×1mですと、一般的な大きさのランチョンマットが
5枚作れますが、柄の裏表合わせなどで
出来ないこともあります。

左写真は、脇の柄なし部分も意匠に取り入れましたので、
4枚のランチョンマットと4枚のコースター。
縦横比も少しくずして、横長にしましたら、卒なく裁断できました。

製作者は我が家の和洋裁職人さん(母)です。
[PR]
by i-zuan | 2007-01-28 11:38 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)