<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アメディオ

e0115500_18555266.jpg
あまりテレビは見ませんが、昨晩はアニメ映画監督の
宮崎駿さんが出演されていましたので拝見しました。

番組内容は、新作映画の構想から、生みの苦しみを追ったもので
それはまぁ、ともかく・・・でした。

思い返せば、幼い頃からこの方のアニメに随分と
慣れ親しんできたものです。
アルプスの少女ハィジ”、”未来少年コナン”に始まり、
最近では”千と千尋の神隠し”等々・・・。

写真は名作”母をたずねて三千里”の主人公マルコ=ロッシと
一緒に三千里の旅をする破目になったおサルのアメディオ





設計に携わり始めてから、宮崎アニメは違う角度でよく観るようになりました。

それは出てくる建物の様子

天空の城ラピュタ”では主人公パズーの山小屋。
”魔女の宅急便”では主人公キキの居候するパン屋の納屋。
となりのトトロ”ではメイとさつきの家。
紅の豚”では飛行艇を修理するドッグと、設計士フィオの製図アトリエ(ドラフターも木製!)。
ハウルの動く城”では主人公ソフィーの裁縫作業場。

モノを作る場所、暮らす場所が実に生き生きと描かれてます。
あぁ・・・こんな作業場や小屋を設計してみたい!(というか私が使いたい・・・)
なんて思いながら日々じっくり考察。

ここにも私にとっての”設計の素”は隠れているのです。
[PR]
by i-zuan | 2007-03-28 20:10 | 雑記帳 | Trackback | Comments(2)
1:100 模型
埼玉県鳩ヶ谷市 T 家主屋新築工事

e0115500_17351080.jpg
3月21日、T 家主屋新築工事の基本設計最終確認のため、
100分の1 模型を持ってお打ち合わせ。
”模型はあくまでも模型”
とは言ってもお施主さんにとっては3次元で
具体的にイメージが持てるもの。

T さんご夫妻の当初の希望は、平屋のゆったりした日本家屋。
玄関の打ち水、庭掃除、朝夕の雨戸の開け閉て、
磨いて楽しい無垢の床や柱、白熱灯のやさしい灯り・・・
昭和中期までどの家でも行っていた当たり前の生活を楽しめる家。

さすがに、今回の敷地とT さんの希望する部屋数では
全て平屋は難しいので、寝室や収納のプライベートな領域を
一部2階に計画し、それ以外の部屋を1階と平屋の棟にしました。
坪庭を囲んでコの字型。
縁側は建具なしで庭に面する様、ご提案しましたが、それは却下・・・。
女性の立場で防犯のことを考えると、それもそうです。
まぁ、気候のいいときは建具を取っ払ってもいいですしね。

これから、実施設計図面の作成に取り掛かりますので
”缶詰め”です。
東方西走の生活は、しばし休止、かな。
[PR]
by i-zuan | 2007-03-25 08:20 | 2007-T家主屋新築 | Trackback | Comments(0)
真空管アンプ


e0115500_22571794.jpg
勤めていた頃、ひと月分のお給料をはたいて買ったアンプ。

LAXMAN 38FD

真空管アンプですので、暖まるまで30分ほど掛かりますが、
待っているこの時間もまた好し。
その頃親しくなった友人がジャズ好きで、
よく一緒に聞いていました。

穂高の土蔵で聞くとなんだか音がまろやか~。
気持ちよく響くのですょ。
[PR]
by i-zuan | 2007-03-23 08:43 | 逸品帳 | Trackback | Comments(2)
地盤調査
埼玉県鳩ヶ谷市 T 家主屋新築工事

e0115500_14154457.jpg
3月20日、T 家主屋新築工事用地の地盤調査に立ち会いました。
ロッド(棒状の部分)に取り付けた載苛用クランプ、ここに円柱型の
おもりをどんどん載せていき、沈み具合と深さを計測していきます。
(以外と原始的でしょ!)

おもりの形といい、乗せていく様といい、二人で息を合わせて
引き抜く加減といい、なにかオリンピック競技を連想してしまうのは
わたしだけではない筈・・・。


e0115500_14155815.jpg
[PR]
by i-zuan | 2007-03-22 14:09 | 2007-T家主屋新築 | Trackback | Comments(0)
小野宿-三州街道―


e0115500_16114821.jpg
3月14日、伊那からの帰り道、小野宿に立ち寄りました。
小野宿は、塩尻宿を起点に南下する三州街道(伊那街道)の
最初の宿駅となります。
宿には、もと板葺き切妻平入りのものが約10棟、
妻入りの本棟造り(ほんむねつくり)が3棟あります。











e0115500_1612199.jpg
こちらは造り酒屋の小野酒造さん。
建物もいいですが、お酒も美味しい!
以前、師走に立ち寄ったときのこと、お玄関を開けると何やらいい香り。
そして、おかみさんをはじめ皆さんほんのり頬が色づきニコニコ・・・。
話を聞くと、その日濁り酒が出荷し、一杯やっていた、とのこと。
勿論、私も買って帰りましたよ!
[PR]
by i-zuan | 2007-03-18 16:16 | 町並み | Trackback | Comments(0)
大黒様と恵比寿様
長野県伊那市 I 家主屋再生工事


e0115500_21354055.jpg

3月14日、長野県伊那市に行ってまいりました。
昨年、工事でお世話になりました I 家主屋再生工事
アフターメンテナンスの為です。
今回は、照明器具の取替えや、半年使ってみての
不具合などを伺ってお話してきました。

朝10時頃、吹抜けの天井に設けた天窓からスッと光が差し込みました。
すると、ちょうど神棚の大黒様と恵比寿様に日が当たるではありませんか。
工事のときには予想もしていなかった嬉しい偶然、
春を迎えるこの時期だけ太陽軌道が神様を照らしていくなんてね。
これには私も、I さんもニッコリ!
”なにかご利益ありそうですね”と・・・。
[PR]
by i-zuan | 2007-03-16 22:05 | 2006-I 家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
file.-003 (乃木邸 厩)
東京都 港区

e0115500_2248944.jpg
昨年末、従兄の結婚式にお呼ばれしました。
場所は東京 乃木坂にあります乃木神社

式までお時間がありましたので、神社に御参りを・・・。
隣接する乃木邸にも足を延ばしました。
そして、発見!名建築!!

それは敷地内にありました(うまや)。
平屋建て瓦屋根。
田舎臭くならずにいるのは、この煉瓦壁の成せる業。
外苑東通りに面して立派な正門がありますが、
それよりも厩前の細いアプローチと袖壁、通用門との
関係がこれまた絶妙!(建物だけではダメなのです)
見方によると二重卯建にも中国の意匠にも
そしてドイツのそれにも近い。


e0115500_22512511.jpg
厩の中も大変清潔で、小窓がまた何とも心憎い(写真右)。
正面上部にも、無双窓(むそうまど)があり、スライドして陽がよく入る
仕掛けです(写真下)。
建物を見ているだけで、この所有者の馬に対する
並々ならぬ愛情が伝わります。

けどね、やっぱりその日一番素敵だったものは
言うまでもなく、花嫁さんでしたよ!
これには何事も敵わない・・・。



e0115500_23215786.jpg
[PR]
by i-zuan | 2007-03-13 08:51 | 逸棟帳 | Trackback | Comments(0)
チェブラシカ


e0115500_1205345.jpg
お施主さんのT さんの奥さんがお打ち合わせのとき、
このおサルのプリントされたTシャツを着てこられました。
殆んどひと目惚れ(おサルに・・・ですからご安心を)でした。

皆さん、このおサルさんをご存知ですか?
お名前は”チェブラシカ

T さんご自宅にも居ました!!
生まれも育ちもロシアです。
左の大きい方はお腹を押すと歌いだす!
「キミは男の子?女の子?」
「▽〇#★апЭ¢ЮёдЯ~」
「キミたち兄弟?」
「▽〇#★апЭ¢ЮёдЯ~」
「・・・・」
ロシア語ですので解読不能、残念・・・。

いつか、ロシアに会いに行きたいなぁ・・・
そうだ!そのときは長年の夢であったシベリア鉄道にも乗ろう!!
もちろん心のBGMは大滝詠一の「さらばシベリア鉄道」でね!
[PR]
by i-zuan | 2007-03-12 12:15 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
鵜の目鷹の目[手拭い]


e0115500_957154.jpg

鵜の目鷹の目
物を探し出そうとして目を鋭くする様・・・

首や頭に巻いていると思わぬところから目がキロリ!
啓蟄も過ぎ、身体もだんだんに軽くなる季節、
楽しいことも見逃さないようにね。
[PR]
by i-zuan | 2007-03-07 10:09 | 手拭い | Trackback | Comments(2)
宮城道雄 記念館
埼玉県鳩ヶ谷市 T 家主屋新築工事

e0115500_12262833.jpg
先週末、お施主さんのT さんご夫妻と東京 神楽坂にあります
宮城道雄 記念館に行ってまいりました。
敷地内には、宮城さんが晩年までお住まいになられていたご自宅と
執筆用離れ、それから展示用記念館が併設されています。

T さんご夫妻が木造の建築好きということもあって、
(私が携わった建物も含め)10棟以上一緒に建物を見て周っています。

イメージの共有

一人で仕事を始めてからは、この時間を大切しています。
図面や模型、口頭では伝えきれない事を、実際に建っている建物、
自分が好むものを一緒に見ることにより、互いの趣向を
理解していきたいと思っています。
距離感、質感、明暗、等々・・・、固定観念で突き進んでいくと
落とし穴があったりしますからね。
完成したときに、そのズレが少なくなるように、そう思っています。
[PR]
by i-zuan | 2007-03-05 12:26 | 2007-T家主屋新築 | Trackback | Comments(4)