現況外観
長野県塩尻市平沢宿 S家店舗修理工事


e0115500_6444579.jpg
重要伝統的建造物群の中の建物を
修理する際、
最も重要視されるのは外観です。

町並みが形成された当初は
今のように情報量も選択肢も少なく
故に、整った家々が連なることに
なりました。
今、それを強要することは
難しいです。

ですからこの活動には
そこに住む人たちのご理解が
必要になってまいります。

来春工事に向け、
こちらは準備中です。
[PR]
by i-zuan | 2013-08-05 06:57 | 2013-S家店舗再生 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zuan.exblog.jp/tb/20891104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 8年目の経過 サザエさん 磯野家ファミリーケーキ >>