人気ブログランキング |
<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
外構工事
長野県松本市 Y 家主屋再生工事


e0115500_1720336.jpg
先日、うちの監督と連れ立って
入山辺の現場の外構工事へ伺いました。

クライアントの所有している山から
石を分けて頂き、雨落ちのくる縁に並べ
土を入れ、犬走り(ポーチ)を作っていきます。

建築は建物だけではどうしようもなく
植栽やポーチ、塀が出来て
初めて完成していきます。

帰りの車中“土木デートですな!”と
声を掛けるも
“そんなの聞いたことありません”と。

今度は本当のデートに連れて行かなくては・・・。
by i-zuan | 2016-05-26 17:16 | 2014-Y家主屋再生 | Trackback | Comments(0)
ファーベポポロー収穫ー


e0115500_19344351.jpg
秋蒔きしたソラ豆がぐんぐん伸びて
そろそろ収穫時になりました。

葉っぱに隠れて見えにくいですが
ゴソゴソ鈴なりです!

初めて蒔いたこのファーベポポロは
ソラ豆ながら生で食べられる、とのこと。
どんなお味か、楽しみです。

庭の新鮮な緑黄色野菜が
美味しく頂ける季節になりました。
by i-zuan | 2016-05-20 19:35 | うまいタネ | Trackback | Comments(0)
解体工事
長野県北安曇郡 K 家主屋改装工事


e0115500_11475214.jpg
Kさん宅の工事が
連休明けから始まりました。

1階のほとんどを改装するので
スケルトン状態になっていきます。
現場は埃まみれですが
見かけの部分が取り除かれ
気分は清々しいです。

築30〜40年の住宅を直す仕事が
ここのところ多くなっています。
以前勤めていた事務所では
なかなか行わなかった内容ですが
想像以上に効果が上がることが多く
楽しいものです。
by i-zuan | 2016-05-14 11:51 | 2015-K家主屋改装 | Trackback | Comments(0)
壁と床の下地
長野県安曇野市 A 家土蔵再生工事


e0115500_2095023.jpg
壁は嵌っていた縦板を
再利用出来るよう丁寧に矧がし
壁土が落ちてこないように
下地を固めていきます。

床下は懐がないので
新しい基礎の上にパッキンを入れ
床組を作っていきます。

一般的な住宅とは違いますし
再生工事の場合、下地を元に戻すことが
以外と手間取ります。
ですから職人さんたちと意見を出し合い
工夫を凝らしてそのときの最善をもって
工事を進めています。
by i-zuan | 2016-05-05 20:14 | 2015-A家土蔵再生 | Trackback | Comments(0)
厨房 杉板の引出し
長野県松本市 Y 家主屋再生工事


e0115500_18374545.jpg
古い家の厨房の引出しは
一体どういう素材が似合うのか、
いろいろと検討して・・・
今回は杉の無垢材としました。

合板で作ったフラッシュだと
古い構造材に負けてしまうし、
無垢の節有りだと、とたんにダサくなる。
柾目だと上品すぎるので
板目で、引き手の金物をなくして
杉板の特徴を出しました。

目がうるさくなるかと心配しましたが
全体を見たとき思ったよりもスッキリしていて
次回に生かせそうです。
by i-zuan | 2016-05-03 18:42 | 2014-Y家主屋再生 | Trackback | Comments(0)